MENU

カタツムリエキスのフェイシャルエステ

実に様々なエステのフェイシャルコースがあり、選ぶのに困りますね。

 

フェイシャルエステコースそれぞれ使っている美容成分が異なっていますので、自分に合ったものを見つけられるよう体験したいという女性が多いはずです。

 

ここ最近話題となったフェイシャルエステの一つで、生きているカタツムリを利用したフェイシャルコースというものがあり、ネット上でも体験談などがアップされていました。

 

美容面においてカタツムリの美容成分は注目されているものでしたので、お試しになったという方も少なくないでしょう。

 

エステサロン「シーズ・ラボ」が用意しているコースの中でもカタツムリを採用しているものがあり、「エスカルゴエキス」という細胞の修復効果の高いものを使っています。

 

注射器を用いて顔に美容成分を打つという方法もありますが、シーズ・ラボで採用されているのは「メガ導入」という方法で、ボトル1本分もの美容成分を肌の奥までしっかりたっぷり注入するものです。

 

たった一度の施術でお肌にハリが戻ってきますし、みずみずしさも取り戻せます。

 

保湿力が抜群に高いと言われているエスカルゴクリームを使って、以外にも老化が現れやすい肩や首やデコルテ、気になる顔などをマッサージしてあげると血流も改善できます。

 

シーズ・ラボでは、締めにオリジナルの引締めパックも施してくれます。

 

美容成分をしっかりお肌に閉じ込めることができるので、効果も長続きしますよ。

 

様々な効果が期待できるのがフェイシャルコースの魅力です。

 

古くなった角質を除去できますし、タンパク質の分解も促してくれるので、皮膚の新陳代謝を促しなめらかなお肌にしてくれます。

 

アウトドアで遊んだ後の皮膚の日焼けや、ちょっとした傷のケア、肌荒れ防止といった効果も期待できます。

 

 

 

カタツムリといえば思い出すのは、あののねばねばしている粘液ですが、あのねばねばには美容効果の高いムチンという成分が含まれていて、フェイシャルエステにおいて保湿アップの働きをします。

 

「シーズ・ラボ」ではカタツムリエキスを用いたコースも人気で、費用は2万円よりも高くなってしまいますが、30~50代の多くの女性がリピーターとなっています。

 

さらに驚くカタツムリを使ったコースもあります。
もっと高い効果を得たいと希望する方は、15000円ほどの追加料金を支払うことで、生きているカタツムリを用いたフェイシャルエステも利用することができます。

 

生きたカタツムリを顔に這わせるという方法で、生のカタツムリのねばねばした粘液はかなり効果があるのでしょうが、高い美容効果を得たいからといってもその方法を想像しただけでぞっとしてしまうという女性もいると思います。

 

けれども女性の美を追及する姿勢はたくましいもので、美肌を手に入れるために生のカタツムリ程度、さほど問題でもないという方もいます。

 

複数のカタツムリを5分間、顔の上にのせるという方法で、スキンケアにおいて貴重となる美容成分を新鮮そのままの粘液で顔に塗ることができるのです。

 

カタツムリの粘液に美容効果があると注目されだしたのは、80年代と一昔前。

 

あのねばねばした粘液の中には効果の高い成分が入っていると言われ始めていたのでした。

 

カタツムリが注目されたきっかけというのは、食用カタツムリを海外のチリで採取していた農家さんの話でした。

 

カタツムリ採取のために素手でカタツムリを触ってた農家さん、ちょっとした手の傷が早く治る、傷跡がきれいに消えるということに気付いたそうです。
それらの出来事が皮膚への効果に注目するきっかけとなったのでした。

 

現在ではアンチエイジング、またはニキビ対策としても有効だと人気が出ていますし、傷や火傷の治療薬としてんの効果もあるとしてカタツムリの粘液が活躍しています。

 

 

 

皮膚に良い効果をもたらすカタツムリなので生きたカタツムリを使ったフェイシャルコースでは、より大きな効果が期待できるでしょう。

 

カタツムリ成分を含んだ化粧品やフェイシャル用品は効果が高いとして、口コミサイトなどでも人気がありますし、実際に多くの女性が効果を実感しているようです。

 

シーズ・ラボというエステでもカタツムリが採用されており、さらに効果が高いと言われているオプションのフェイシャルエステにいたっては、利用できるのは1日にたった1人となっています。

 

カタツムリがのねばねばした粘液は際限なく出るというわけではないそうなので、1日1人限定なのだそうです。

 

フェイシャルエステで活躍するカタツムリたちは、かなり贅沢で健康的な飼われ方をしています。
有機栽培で新鮮な野菜を与えられ、室温も20度という過ごしやすい環境にされています。

 

シーズ・ラボで飼育しているカタツムリは5匹だそうで、その中でも特に3匹が、たくさんの粘液を出すのだそうです。

 

同じ環境で育ったカタツムリでも、高い美容効果をもつ優れたカタツムリがいるというのはかなり興味深い話ですね。

 

シーズ・ラボのフェイシャルエステコースで使用されるカタツムリクリームは、スイスから輸入しているものです。

 

しかし、飼育しているカタツムリたちは、シーズ・ラボで生まれ育てられている日本産。

 

以前、カタツムリは皮膚にとって有害であるバクテリアをもってしまうケースもあるとして、野生のカタツムリは有害だとして大きな話題になったこともありました。

 

そのようなデメリットもあるので、シーズ・ラボではサロンの整った環境で孵化させて育て、カタツムリの餌にも十分に配慮して有害バクテリアが発生しないよう細心の注意を払っているのです。

 

その辺の野外で見つけた野生のカタツムリで、美容効果の高いフェイシャルエステ体験はとてもじゃないけれどできませんので十分に注意してください。